中古車価格と諸経費の関係について考察しています。一見安くても実はお高いこともあります。

お気に入りの車種を見つけよう!

お気に入りの車種を見つけよう!

中古車センターの価格

幹線道路沿いに展示してある車種に記載されている価格は、車両を引き渡す場合の現金販売価格です。
このボードには、自動車検査証の有効期限の年月日、前使用者の点検整備記録簿の有無、定期点検整備実施状況、復歴の有無、自家用か営業用かレンタカーなのかといった使用状況、初度登録年月などが記載されています。
このプライスボードに記載された車両価格に諸費用を加えた額が購入価格です。
プライスボードが安くても、諸費用が高いと、トータルでは結構なお値段になってしまいます。
諸経費は、税金など削れないものもあるので、10万円を超えるのは確かです。
また、任意保険加入なども追加費用で必要になります。
登録費用、納車費用、車庫証明費用などは、自分で行えば無料になります。
車庫証明費用などは簡単に取ることができるので、あまりに高いようなら自分でやってしまいましょう。
納車費用は自宅まで車を納車してもらうときに掛かります。
自分で車を運転して帰ってくれば、この費用はいりません。
しかし、もし車庫入れなどに不安があるときには、自宅まで持ってきてもらうと、車庫入れの注意点などもレクチャーしてくれるので、便利です。
販売店によって大きく異なるのが、諸経費のなかの整備費用です。
プライスボードが安く設定されている店では、この整備費用が高めに設定されていることもあります。
価格を比較するときには、トータルの価格で検討するようにしましょう。
プライスボードが高く見えても、諸経費が安ければ、お得なこともあります。